【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

アルバイト(雑用)で生計を立てている20代男性の体験談(年収100万円未満)

   

画像元:http://www.photo-ac.com/main/detail/113995?title=%E6%8E%83%E9%99%A4%E3%80%80%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%92%E3%81%B5%E3%81%8F4

正社員以外で、何で生計を立てているか

アルバイト

なぜ正社員以外の生き方を選んだのか

 私には障害者認定されない程度の持病があり、その関係上、就く事のできる職が限られています。その上にもし、職に就いたとしても休みなく継続する事がほぼ不可能であります。そのハンデを持ちながらも就職したくて数年間就活を続けたのですが、バイトすらも受からない現状が続きました。その際にわかった事が「能力(実績・経験)があればハンデがあっても使ってくれる」だったので、とにかくそれを得るために何かしようと思い、地域の何でも屋に、忙しい時や緊急時のみヘルプで入って雑用しています。

一日の生活リズム

http://photton.info/color/white/4730/

http://photton.info/color/white/4730/


9時:起床。朝食を食べつつ、今日の仕事を調べる。
10時~13時:仕事があれば仕事。なければ勉強。
13時:昼食を食べつつ、仕事が片付いていれば、次の仕事を探す。
14時~19時:仕事があれば仕事。なければ勉強。
19時:夕食を食べて少し休憩。地域の寄り合いなどに参加する時も。
20時:運動。
21時~23時:仕事が残っていれば片付けて、なければ勉強。
0時:風呂に入りながら、世間の情報収集。
1時:自サイトの更新作業。
2時~3時:読書、就寝。

正社員以外の生き方をしていて、不安なこと

 収入はほぼなく、経験と言う知識を得るほどに自分の未熟さを痛感し、世間と自分の距離を詰めるつもりでやっているのに、実際はどんどん開いて行っていること。

正社員以外の生き方をしていて、良かったこと

 平日の昼間に外出できるので、混雑する場所を混雑なしで利用できる。祖父母の介護、看護。甥や姪の成長に携わされる。

将来の展望、このまま正社員以外の生き方をするか、正社員になるか

  就職するために始めた事であるが、正直全く持ってビジョンが見えない。かと言ってこのまま続けたところで何かが変わるビジョンも見えない。30歳までは、今の生活を続ける決意ではあるが、それで何かしらの兆しすら見つける事ができなければ諦めるつもりである。その為の準備をこれから少しずつ進めて行き、可能な限り迷惑をかけないようにする。

正社員以外で生計を立てようとしている方にアドバイス

http://photton.info/photo/landscape/mount/1536/

http://photton.info/photo/landscape/mount/1536/

 正社員になれるのならどんな業種でも絶対になるべきです。「普通に生きるのは嫌…」なんて考えをカッコいいと思っているのなら今すぐにでも考え直してください。正社員以外の生き方が出来る人は、正社員としても生きていける人間が大半以上です。もし、どうしても正社員以外の生き方を選びたいのなら、とりあえず正社員を経験してからそれ以外の生き方をしてみてください。少しでも、正社員の経験があるだけで、世間があなたを見る目は大きく変わります。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 100万円未満, 20代, おすすめできない, 男性, 給与所得, 非正規社員