【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

狙うのは紹介予定派遣!

狙うのは紹介予定派遣! さて、漠然と仕事をやろう、就職しようと思ったなら、どんな求人に応募すればいいかというところですね。
 求人欄には正社員や契約社員、派遣社員など、様々な雇用体系が載っていますが、それぞれ説明させていただきます。

正社員とは

 まずは正社員。いわずもがな、その会社の社員になれます。大抵のところは社会保険などが整っていますので安心して働けます。

契約社員とは

 次は契約社員です。これが結構問題です。社員のような……社員でもないような、とお考えの方が多いと思いますが、実際そうです。
 大抵の場合は素性が良かったり、成績が良かったりすれば正社員になれますが、景気の悪化などで「任期満了」ということでクビにできます。事実上は「更新なし」ですからね。きちんと「3ヶ月後に正社員登用制度有り」のような記載がある求人に関しては応募しても問題ないでしょうが、正社員の募集で「3ヶ月の使用期間有り」と書いてある正社員求人の方がいいです。

派遣社員とは

 次は派遣社員です。これには色々あります。詳しくはこちらに記載しています。
 通常の派遣社員というのは、派遣会社を通して別の企業に派遣されるものです。この場合、派遣会社の業績悪化、派遣先の業績悪化などで簡単に派遣切りされてしまいますのでおすすめできません。
 もう一つは派遣会社に正社員として雇われること。この場合、企業に派遣されますが、その企業に派遣切りされたとしても、次の企業に派遣されるようになっています。
 多くのメリット・デメリットがありますので、こちらもお読み下さい。
 派遣会社は人材を確保でき、また雇用される側も常に仕事がある状態ですが、希望する職種に就けない場合もあること(他県に飛ばされたり、専門ではない仕事をさせられたり)。ずっと同じ会社にいられないなどのデメリットがありますので注意が必要です。

紹介予定派遣とは何か

 派遣社員の中で最もよいのが「紹介予定派遣」です。これは正社員雇用が前提で(まれに契約社員の場合もあり)派遣されることです。
 企業側としてはお試し期間として雇用ができますし、派遣会社は紹介料がもらえる、雇用される側は正社員になれるという、素晴らしいシステムです。

アルバイト、パートとは

 これに加え、アルバイトやパートという働き方もありますが、おすすめはできません。こちらはいつになっても社員として働くことができないことがあるからです。
 ちなみにアルバイトとパートの違いはこちら。

正社員になれる雇用形態は何か

 以上のように雇用形態にも様々なものがあります。ここでお伝えしたいのは「正社員に確実になれるのはどれか」ということです。
 昨今の不況で企業側はかなり強気で、正社員登用制度有りをうたっていても、蓋をあければ「まぁ、早くて2年後ですね。早くて」なんてことを平気でいいます。本当に。
 だったら最初から正社員になれる仕事を探した方がいいです。
 正社員の間口は狭いです。紹介予定派遣でも数人と同時並行で審査があります。だからこそ長期戦だと思って下さい。
 また、派遣が正社員になれる可能性もあわせてお読みください。

 特に紹介予定派遣の場合、求人情報に企業の名前が載っていないということがあります。その場合、こちらの方法で求人会社を知ることもできますので、お試し下さい。
 また、紹介予定派遣が人気で応募すらできない、という場合はこちらも読んでみてください。

記事一覧

公開日: