【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

派遣の色々

   

画像元:


 派遣と一口に言っても、様々な雇用形態があります。
 例えば、「正社員雇用」と謳っている「派遣会社」があります。
 派遣なのに正社員?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
 これは派遣会社で正社員雇用し、その派遣会社の社員として、派遣会社の持っている請負ラインなどで就業します。これを特定派遣と言います。
 この場合、絶対に派遣先の企業で就業することはできません(もちろん、一般派遣でも派遣先の企業で就業できるのは稀ですが…)。

 いくつかある派遣の色々を紹介します。

一般派遣

 いわゆる「派遣」です。派遣会社と雇用契約を結び、派遣先で就業をします。派遣会社と派遣スタッフとの関係はあくまで派遣としての雇用です
 ポイントはいわゆる「派遣切り」のあと、次の就業先を探すまでに給与が保証されないというデメリットがあります。
「派遣切り」にあった後、次の就業先を紹介されることがあります。このとき、その就業先に就業したくないと断った場合には「自己都合退社」となる場合があり、雇用保険を期待していても、支払いが遅れる場合があります。

特定派遣

 派遣会社が契約している派遣先企業に就業するのは一般派遣と同じですが、派遣会社に正社員登用されるという点で異なります。
 メリットとしては、就業先での契約が満了しようとも、次の就業先が決定するまで、給与が支払われる点です。
 実はこのメリットだけを売りにしているところが多くありますが、就業先での契約が終了すれば、就業先を転々としなければなりません。
 更に言えば雇用契約している派遣会社が有している派遣先にしか就業できませんので、選択肢は狭まります。
 給与は安定していますが、勤務地が転々とするのが嫌、一度覚えたことがずっと続けられないのが嫌、という方は向いていません。

紹介予定派遣

 一定期間派遣として働いた後、正社員(もしくは契約社員)としての就業を前提とした派遣契約です。最もおすすめな派遣です。
 求人数は多くはありませんが、一定期間働いた後には就業先との契約になります。

請負とは何か

 派遣として働くときに出てくる単語の一つです。
 この「請負」というのは製造関係に多く、一つの工場の、一つのラインだけを派遣会社や下請け会社が「請け負う」ことになります。一般派遣、特定派遣でも、この工程に就業することがあります。
 この請負工程に就業することになると、その就業先で正社員として雇われることはまずありませんので、注意が必要です。

事務派遣(事務系派遣)

 一般事務や営業事務、経理事務など、オフィスワーク系の派遣です。
 大きくわけで3つあり、一つは欠員補助、もう一つは産休、育休の間の補助、そして通常の派遣になります。
 1つ目は紹介予定派遣の場合が多く、一定期間働いた後、正社員や契約社員として雇用されます。
 2つ目は一般派遣の場合が多く、半年や一年という期間のみの就業となります。
 3つ目は通常の派遣です、これも一般派遣の場合が多く、就業先が忙しい場合に派遣を雇い、閑散期には派遣切りをします。

製造派遣(製造系派遣)

 ほとんどの場合が一般派遣となり、短期や長期の派遣があります。請負工程の場合もあれば、通常の派遣の場合もあります。
 稀に紹介予定派遣がありますが、この場合、就業先企業との「契約社員」としての雇用の場合があります。このときの契約社員は、3年程度の契約の場合があります。
 就業前によく確認することが大切です。

研究職・プログラマー・設計

 特定派遣の場合が多くあります。
 特定派遣の場合、派遣会社に登録する際にスキルチェックや面接があり、その後一番最初の「就業先」に面接に行くことになります。
 そして一番最初の就業先が決定したあと、派遣会社と雇用契約を結ぶことが多くあるようです。(一番最初の就業先が決まらない場合は、派遣会社との就業契約をしないことがあるようです)

販売

 キャンペーンなどの派遣です。多くは「契約社員を目指す」ことができます。
 契約社員以外はほとんどが一般派遣となります。土日祝日を中心に、携帯だったら携帯の販売場所(デパートや電器店)、試食販売でしたら試食会場に赴き、販売をします。
 携帯ショップなどでは契約社員の雇用契約もあります。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 狙うのは紹介派遣!自信があるなら正社員! , , ,