【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

面接には何分前に着くのが正解なの?

   

画像元:

 面接に関して、「何分前に着くのが正解か」という疑問もありますよね。

面接会場に入るのは10分前が正解

 一般的にではありますが、新卒や中途採用の面接の場合、会場には10分前に入るのが正解と言われています。
 あまり早く入りすぎると、席がない、待機室等の用意が終わっていないこともあります(面接を受ける人数が少なければ少ないほど)。
 特に面接する人数の少ない中途採用の面接や中小企業の場合には、早く着きすぎることが逆に企業の負担になることもあります

会場の近くには15分以上前に着いている方が吉

 上記はあくまで「面接会場」「試験会場」に入る時間のことです。会場の近くにはもっと前に着いておいた方が、精神的にも安定できます
 早めに着いて、駅やコンビニ等近くのトイレ等で身だしなみを今一度チェックしておくのがいいでしょう。
 また、早めに着くことを心がけていれば、もし電車が遅れたり、車が渋滞に巻き込まれたときでも対応ができます。ただし、面接会場前でうろついていたり、駐車場で寝ていたり、タバコを吸っていたりすると目を付けられる可能性もありますから、待機する場合には少し離れた場所(駅等)で、目立たぬようにしましょう。

会社説明会はもっと早く着いてもOK

 会社説明会の場合には、担当者が既に用意していることも多いので、15分前でもOKです。
 ただし、30分以上前には開場されていないことも多いので、早すぎる時間はNGです、

アルバイトの面接・派遣会社(登録時)の面接であれば5分前でも可


 新卒や中途採用(転職活動)でなければ、5分前に会場入りでも問題ありません。ただし、時間厳守、遅れるのはNGです。

面接に遅れそうになったら?

 面接に遅れそうになった場合には即電話連絡をしましょう。連絡があれば、遅刻をしただけで落とすということはまずないでしょう。
 逆に連絡なしに1分でも遅れた場合には、面接担当者からすれば気分が悪いものです。面接でも「なぜ遅れたのですか?」と聞かれるでしょう。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 【面接】面接のいろいろ , ,