【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

志望動機は自分という「商品」を紹介するもの

      2017/03/22

画像元:

自己PRと職務経歴の潤滑油。



志望動機
 志望動機は履歴書の志望動機を掘り下げます。履歴書の志望動機欄は手書きで書き直しがきかないので簡単に書いておいて、パソコンで作る職務経歴書で深く掘り下げ細かく書きます。
 ここはカタログを持って商品を紹介をするようなところです。

どうやって書くの?

 つまり、営業マンが突然「このカメラ付き携帯いいんだけど」なんていう商品の紹介の仕方では売れませんよね。
「いつも御社にはお世話になってます」と挨拶をしてから商売は始まります。そして、
「うちで新しいのができたんですよ」とカタログ(もしくは話術)を広げ、
「ほら、御社でも役立つでしょ」というのが筋です。できれば「そういえばあそこが問題になっていましたよね」と間に挟めれば最強です。

具体的な書き方は?

・まずはおだてる。(挨拶みたいなものです)
・次に自分の経験を語る。(カタログを広げる部分)
・そしてこういうところが役に立つという。

 以上の3本柱で攻めるのがよいでしょう。

おだてるとは?

 まずは「おだてる」。挨拶みたいなものですね。
 新卒の方の志望動機ではよく「貴社の◯◯に惹かれ~」なんていう書き方が指導されるアレです。ここで企業研究したかそうでないかの差がでますが、ニート歴が長ければ長い方の方が、この「企業研究」という言葉に圧迫感を覚えてしまうでしょう。
 難しいことではありません。
 考えてみて下さい。
 面接まで行ったとき、「そういえばうちの会社のホームページは見てくれたかなぁ?」で「もちろんです!」って答えられるくらいに見ておけばいいだけの話です。
 つまり、「何やってんのかなぁ」くらいの軽い気持ちで企業のホームページを見て、応募職種に関係あるというところをよく見ておきます。そして、そこをとりあえず褒めます。
「貴社の◯◯に惹かれ」「貴社の◯◯に魅力を感じ」などが無難でスタンダードです。

自分の経験は?

 次が自分の経験です。上で職務経験を書いてきたのなら楽勝です。
「自分はこんだけのことできるんだけどね」と、応募職種にあったことを書けばいいだけです。
 例えば営業職の募集で営業経験があるなら「今まで◯◯という会社で営業をしており」という形で書きます。

こういうところが役に立つって?

 そして最後、役立つところです。「ほら、このカメラ付き携帯だと、むしろデジカメいらなくね?」という商売ですね。
「貴社のこういったところに貢献できると思います」と書くところになります。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 【書き方講座】職務経歴書