【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

職務経験「できる仕事の紹介」

   

画像元:

スペックの紹介です。



職務経歴
 職務経歴書の職務経験の欄は、カタログでいうと「スペック」みたいなものです。
 携帯で例えれば「電話ができる」他、「メールができる」「カメラが付いてる」みたいなものだと思って下さい。
 書き方はちょっと細かいので我慢のしどころです。
 書くことがない方はこちらも参考にして下さい。

まずは何を書くの?

・就業期間(西暦年◯月~西暦年◯月)
・会社名
・事業内容(1行でサラっと。会社の概要で、自分がやってきた仕事ではないので注意)
・資本金(調べる手間は1度だけです。調べて下さい。求人ポータルサイトに登録するときにも必要です)
・従業員(これも調べて下さい。同じく求人ポータルサイトに登録するときにも必要です)
・企業URL(あれば親切です)

 この資本金、従業員、企業URLなどはなくても構いませんが、あると後々の作業(求人サイトに応募する際など)に便利ですし、職務経験の欄は「スペック」ですので、情報は多い方がいいです。

中身は?

・配属部門
・職務内容(スペック紹介)
・職務要約(実績)

 ここがメインです。携帯のカタログでいうと、「カメラがついてます」ではありません。「このカメラはなんと!1000万画素なんですよ!」とアピールする場所です。
 だからこそ困る方も多いと思います。「画質はいいんだけど、1000万画素もないし……」と卑屈になってしまうところです。
 再び一般事務の方の例えですが、今まで何をやってきたかを思い出します。
 例えば文書作成。これだけで終わらしてはいけません。
 職務内容に【使用ソフト】という欄を作り、これにword(文書作成)と書けばいいのです!
 同じようにエクセルに数字を打つだけの仕事。これはデータ入力というものになります。
 【使用ソフト】の欄にはexcel(データ入力)という欄ができ、これもアピールの一つになります。
 そして職務要約の欄にはスペック紹介でいう「このカメラを使った結果」、つまり「実績」を載せます。
 つまり「文書作成では担当営業がやっていた仕事を引き受けることにもなり、業務がスムーズに行われるようになりました」や「データ入力では入力のミスもなくなり、業務のスピードが上がりました」などと書くことができるのです。

アルバイトの職歴は?

 記入する必要はありませんが、例えばweb関係に就職するときに、webデザインのアルバイトの経験があったり、コールセンターに就職する際に同様の派遣業務をしたりと、「強み」になるような経験はむしろ記入して下さい。
 この場合、評価されるのは大体半年以上の経験になります。

アルバイト場合はどこに書くの?

 他の職と同様、時系列に沿ってに記載し、会社名のあとに(アルバイト)と記載すればよいでしょう。

派遣の場合はどこに書くの?

 他の職と同様、時系列に沿って記載し、◯◯株式会社に登録、派遣社員として△△株式会社に勤める、と記載します。

契約社員で勤めていた場合は?

 わざわざ契約社員と書く必要はありません。

子会社への出向は?

 子会社への出向(◯◯関連会社)と記載します。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 【書き方講座】職務経歴書 , , , ,