【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

派遣さんの欠員のために、午後から仕事に参加してみた結果

   

画像元:http://www.photo-ac.com/main/detail/203061?title=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%89%8B&selected_size=s

 派遣の欠員が出ることはよくあります。
 派遣会社によって様々ですが、欠員に対する対応としては以下のようなものがあるようです。

・派遣会社で待機:派遣会社事務所に待機し、欠員が出た場合に仕事に参加する(待機し、欠員が出ない場合には待機時間分の給与が発生)
・就業先で待機:実際の就業先に待機し、そこで欠員が出た場合に仕事に参加する(待機し、欠員が出ない場合には待機時間分の給与が発生)
・自宅で待機:自宅で一定時間待機し、欠員が出た場合就業先に行く(待機し、欠員が出ない場合には待機時間分の給与が発生)
・自宅で仕事メールを待つ:欠員が出た場合にメールや電話で参加の意思を表示。給与は実際に働いた分のみ

 私は数社派遣会社に登録しているのですが、実際に見聞きしたり、自分がやったことがあるのが「派遣会社で待機」と「自宅でメール待ち」のみです。

欠員発生メールってどんな感じ?

 日雇い派遣では多くあると思いますが、欠員が発生すると(と、いうより前日に人数を確保できないこともあるのだと思います)「今日はこんな仕事が今からでも応募できます!」という内容のメールが午前中に送られてきます
 実際8時からの仕事だったとしても「今から来れる方!」という感じですので、10時やお昼からでもOKだったりします

実際に「欠員が出たため働ける時間から働いて下さい」というメールをみて仕事をしてみました

 実際に欠員が出たというメールで働いてみた結果、いいことずくめだったので、まとめてみたいと思います。

メリット

http://www.photo-ac.com/main/detail/421080?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E9%96%83%E3%81%8D&selected_size=s

http://www.photo-ac.com/main/detail/421080?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E9%96%83%E3%81%8D&selected_size=s

欠員のために待機しているわけではないので、仕事を選べる

 欠員補助のために「待機」している場合、仕事を断ることはできません
 例えば、女性であっても引っ越しの重い荷物を運ばなければならないこともあります(仕事内容が決まっている欠員補助もあります)。
 反対に、こういったメールで「働けませんか?」というメールの場合、やりたくない仕事をしなくてすみます

給与は上乗せの場合もある

 待機の場合は1日3,000円ほどになるそうです。それほど多くはありませんが、こういったメールの場合でも給与が上乗せになることがあります。
 私の場合、1日1,000円上乗せになりました

朝遅くていい

朝ゆっくりできる
 就業先待機・事務所待機の場合、通常の派遣さんと同じ時間(もしくはそれより前)に就業先に行って待機しておかなければなりません。朝が苦手な人にはきついですね。
 メールが着て仕事を選ぶ場合、朝が早くなくてもOKです。これはかなりメリットです。
 例えば午後の天気予報をみてから出勤できます。私自身、雷恐怖症なので、前日にはほとんど雷注意報は分かりませんが、当日なら分かります。午後から雷が鳴りそうなら出勤しません(笑)暑すぎる日、雪が降りそうな日、台風の通り道になりそうな日など、そういう日も働きません。
 朝に家事・用事を済ませられるのもメリットです。家事を済ませたあとはこういった記事を書いたりします。午後は仕事をするかもしれないから、と集中して書けるのもいいです。
 通勤ラッシュ時を外せるのも、こういう働き方ならではです。

短期・短時間派遣という夢を叶えてくれる

「短時間でいいから派遣で短期の仕事がしたい」というわがままを叶えてくれます。「短時間」という派遣はたまにありますが、専門職だったり、週5だったりと、「これ!」といった仕事がなかったりします。「短期」といえばフルタイムの仕事ばかりです。
 この重箱の隅をつつくような要望を叶えてくれるのが、こういった働き方です。私自身、「働きたい時期」と「家でダラダラしたい」という波があるので「短期の仕事」がいいですし、「長い時間拘束される」よりは「短い時間でサクッと働きたい」ので、本当にありがたいです。

ランチタイムに気を使わない

 午後からの就業の場合のみですが、昼食に気を使わなくていいというのもメリットです。
 就業先によっては、食堂が窮屈だったり、使えなかったりします。同じ就業先の方とおしゃべりも気を使ったりします。
 そういうムダな気遣いをしなくてすむのもいいですね。

朝礼を聞かなくてすむ

 日雇い派遣の場合、毎回人数確認等のために朝礼があるところが多いです。時給は発生しますが、めんどくさいですよね。
 また、朝は同じ派遣会社の人が待ち合わせして…ということもありますが、そういう面倒もありません。

仕事をするきっかけになる

 私自身がそうでした(笑)
「働きたいけど、朝遅い方がいいし、午後には雨が降るかもしれないし、来週にはAmazonで注文した商品が届くから家にいなきゃだし、来月は…」と働かない理由はたくさんありました。ニートならではですね(笑)
 反対に「いや、今日からでも働くし!」と思うのもニートならではです。気が変わらないうちに働けるのがいいですね。
 また、こうやって働いたからこそ、次の仕事は何をしよう、と一歩踏み出すきっかけにもなると思います。

デメリット

 もちろん、こういった働き方にはデメリットもあります。

安定していない

 日雇い派遣自体、安定した仕事ではありません更にメール待ちとなると、メールが来るかどうかも分かりません
「真面目に働きたい」という方は、これを第一歩として仕事への意識改革ができると思いますが、一生できる仕事ではありません

給与は働いた分(+アルファ)

http://www.photo-ac.com/main/detail/197991?title=%E8%B2%A1%E5%B8%83%E3%81%AE%E4%B8%AD%E8%BA%AB%E3%82%92%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E7%94%B7%E6%80%A72&selected_size=s

http://www.photo-ac.com/main/detail/197991?title=%E8%B2%A1%E5%B8%83%E3%81%AE%E4%B8%AD%E8%BA%AB%E3%82%92%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E7%94%B7%E6%80%A72&selected_size=s


 フルタイムで働いているわけではないので、もらえるお給料はそんなに高くないです。
 生活がかかっている、という方はこういう働き方は向きません。

いい仕事がめぐってくるとは限らない

 事務所待機の場合もそうですが、いい仕事が巡ってくるとは限りません
 家から遠い、仕事内容がきついなど、「やりたい!」と思える仕事でないことも多いのです。

仕事内容を自分だけが聞かなくてはならない

 実際就業先にいって、他の方が仕事をしている中、自分だけ仕事内容を聞かなければなりません
 とはいえ、日雇い派遣の場合には仕事内容が大したことがないことが多く、一瞬で覚えられる仕事ばかりですから、それほど気になることはないかもしれません。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - はじめに , , , ,