【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

女性の転職の現状

   

画像元:

 女性が転職する際に、いくつもの壁に当たることがあると思います。
 ここでは女性の転職の現状と、打破する方法の考察をしたいと思います。

男女雇用機会均等法

 ちょっと前に流行った言葉です。
 実際に雇用機会は「求人上」、均等になったように感じます。
 雇用の際に「男性募集中」という記載はなくなりました。

男女の雇用機会は本当の意味で均等になったのか?

 募集要項に「男性募集」と記載できなくなりましたので、実際の求人の記載は「男性活躍中」と書いてあります。
「男性活躍中」と記載されているところのほとんどは、男性募集中と捉えても構いません。主に「力仕事がある」職場や、「企業のほとんどが男性ばかりで、女性の扱いに慣れていない」「出産・子育てで休まれると困る(育児休暇の不整備)」などの理由があります。

「女性活躍中」の職場はないのか?

「女性活躍中」の職場はもちろんあります。
 工場の組立や検査などの「細かい」作業が必要になる職場では、意図的に「女性活躍中」と記載している企業もあります。
 また、「パート募集中」の職場でも、企業が想定しているのが女性の場合もあります。

「男性募集中」の職場に女性が応募することは可能か?

 もちろん可能です。
 書類選考で落とされることもあるかと思いますが、面接となれば人柄も見ることになります。

女性の求人は多いのか?

「女性ができる仕事」は年々増えています。
 事務系やスーパーのパートタイムなどの以前から女性中心であった仕事だけでなく、美容師やネイルアーティスト、エステティシャン、マッサージなどの美容系の仕事や、アパレル関係、キャンペーンなども女性の求人が多くあります。

正社員雇用の仕事に就くべきか

 ニートの女性が転職を考えるとき、大きな問題の一つが雇用形態だと思います。
 主婦でない女性はもちろん、彼氏がいないが女性には大きな問題が「正社員雇用」かどうかです。
 将来に渡って働きたいと考えている女性ニートの方は、粘ってでも正社員雇用の企業に就いた方がいいと思います。
 寿退社するのは個人の自由ですが、結婚する相手が急にリストラに合うかもしれません。遠くに転勤するかもしれません。
 そうでなくとも、退社せずに一生働きたいと思っている場合、育児休暇が取れずに転職を考えなければならないこともあります。そうなったときに正社員の方がリストラに合う可能性は低くなります。契約社員やパートで契約打ち切りにならぬよう、粘った方がいいと思います。

産休、育児休暇について

 産休、育休が整備されている会社は増えてきましたが、中小企業などは、整備されていると謳っていても、実際のところの整備が甘い企業もあります。
 整備がなされていない、甘い企業では育児休暇のあと、復帰する席がなかったり、他の職場に回されることがあるようです。

産休、育児休暇が整備されているか知るためには

 産休や育児休暇が整備されている会社は、求人の時点で女性社員のインタビューが掲載されていることが多くあります。
 また、産休や育休が取りやすい、と大々的に求人情報に掲載している企業もあります。
 反対に整備されていない会社では、面接の時点で「結婚しても続けたいか?」「子供が生まれても続けたいか?」と聞かれることがあります。もちろん、長く続けてもらいたいと思って聞いている場合もありますが、「女性より男性を取りたい」と思って聞かれる場合もあります。もしこのような質問の場合、気になるようだったら「子供は産みたいと思っていますが、御社では育児休暇が整備されていると拝見しました。実際に育児休暇を取られた方はどのくらいいらっしゃいますか?」と、実情を確認してみるのも手です。整備されていない企業の場合には「育児休暇はあるけれど、実際に取得されると困る」という場合もあります。

女性の転職のポイント

 女性ならではの問題で出産、育児があり、子供が生まれた場合には更に、子供の発熱、授業参観などで半休するのはやはり女性の方が多いのが現状です。
 長く働きたいのであれば、出産、育児休暇が整備されている正社員の求人を探しましょう。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - はじめに ,