【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

大卒ニートになりそう…ニートになったらどうなるの?

   

画像元:

 大学を卒業しても進路が決まらない…ニートになりそう、という人はこの時期多いものです。

実は大学卒業後の進路が決まっていない人は多い


 実際に「離学時の就業状況」をみると、大学卒業後無職になる人は6.1%となっており、20人に1人はニートになっています。実際にこれよりも多い数字のこともあり(1割近くという調査もあり)、実際にニートになる人は少なくない、という現実があります。200人クラスなら11~12人はニートです。
参考:若年者雇用を取り巻く現状 - 厚生労働省(pdf)

新卒採用後すぐに仕事を辞めてしまう人も多い

 また、新卒後3年以内に仕事を辞めてしまう人も全体の3割もおり、すぐに転職が決まらずに「大卒ニート(もしくは準大卒ニートとでもいうような立場の人)」はかなりいるということが分かります。

大卒ニートは「やばい」のか?


 実際に大卒ニートと呼ばれる人も現実にかなりいるということが分かると思いますので、「大卒ニートだから死ぬしかない」というほど焦る必要はまったくないでしょう。ですから、それほど「やばい」というわけではないのです。
 また、「新卒後3年以内に仕事を辞めてしまう人」の理由は「仕事が自分に合わない」や「条件が良くない」ですので、「何がなんでも就職しなくては…」と焦って就職すると、このような理由から辞めてしまう可能性も大きいのです。まずは自分が何をしたいのか、大学在学中に見つけられなかった「何か」を考えるということも大切なことです。

大卒ニートには「学歴」がある分有利だが…

 大卒の場合には腐っても「大学卒業」という「学歴」はありますので、高校卒業や中学校卒業の人より有利でもあります。「大学卒業以上」という職種に応募することができるからです。
 ただし、学歴の上にあぐらをかいていると、プライドが邪魔していつまで経っても就職できないということもありますから気をつけましょう。

大卒ニートがやるべきこと


 大卒ニートがやるべきことは以下のようになります。

やりたいことを見つける

 就職後3年以内に辞めてしまう人の理由が「仕事が自分に合わない」ですから、就職後すぐに辞めてしまう可能性を考えると、まずは自分が何をやりたいのか、明確にすることが大事です。
 例えば「大手企業に就職したい」という願望もあると思います。ただ、これは「仕事内容」ではなく「企業」です。これが「仕事が合わない」原因になります。
「営業がしたい」「事務がしたい」「運転がしたい」という「仕事内容」から考えていくことが大切です。

資格を取ってみる

 何がしたいのか決まったら、資格を取ってみることも考えてみたいことです。車の運転の仕事がしたいのであれば運転免許は必須ですし、不動産業界であれば宅建があると有利です。

転職サイトを見てみる

 やりたいことが決まってから、転職サイトを覗いてみましょう。ハローワークに行くのも有りですが、大卒ニートの場合には転職サイトの方がいい条件の仕事が揃っています

フリーターでも派遣でもいいから外に出てみる

 同時進行でも構いませんが、お金の問題もありますから、外に出てみるというのも一つの手です。
 何もフリーターで働いたコンビニで正社員を目指す必要はありません。あくまでお金を得るための手段で、働きながら転職活動をすればいいのです。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 就業前にやっておくこと ,