【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

仕事も石の上にも三年って本当なの?1年で辞めたいんだけど…

   

画像元:http://photton.info/color/gray/4940/

 石の上にも三年というのは、仕事でも趣味でも言われることです。何事も分かるようになるまでには3年かかる(だから3年我慢しろ)、というニュアンスですね。
 仕事において、石の上にも三年というのは本当なんでしょうか。

2つの場合だけ、3年我慢した方がいい

 3年我慢した方がいい場合には、2つの場合があります。
 1つは退職金勤続3年で退職金が支払い対象になる、もしくは3年目から跳ね上がる場合には、3年我慢した方がいいです。
 しかし退職金というのは、会社によって規定がまちまちですし、3年では雀の涙ほどしかないという場合には、わざわざ我慢しなくていいでしょう。
 もう一つは転職先(転職希望先)が「実務経験3年以上」の場合。実務経験に関しては、1年~3年を区切りとしている企業が多いです。
 転職希望先が実務経験3年以上の場合には、我慢して3年勤めるのも一つの方法です(ただし、求人情報は「生モノ」ですので、3年勤め上げたときにその求人があるかは別問題です)。

実際3年勤めなくていい? 辞めてもいいか判断する6つのポイント

 実体験からもお話させていただきますが、嫌な職場に3年もいる必要はないです。

3年で今の会社から学ぶことはあるか

「今の会社から学ぶことはあるか」というのは、転職を考えたときに一度は考えた方がいいです。
 今の会社から学ぶことはない、と思っていても、もし他の部署に移動したらどうでしょう。今の部署や上司が嫌なだけで、他の部署に移動となれば、展望が拓けるかもしれません。
 そういう場合には、無理に転職する必要はなく、それこそ「石の上にも三年」になるのです。

3年後今の会社はあるか

 転職を考える際のもう一つの問題は、「3年後に今の会社があるかどうか」です。
 転職先の会社にも同じことがいえます。「どちらの方が将来性があるか」ですね。
 今の会社が給料の支払いが遅れていたり、労基が入ったら一発で業務停止になるような会社に将来性はありませんよね。
「潰れるんだったら会社都合になるし、それまで待てばいいかな」というのも一つの選択肢ではありますが、次の会社への転職を考えると、計画性はないですね。

景気が分からない

 今は売り手市場ですが、数年後は分かりません。つい数年前まで買い手市場でしたし、数年先に再び買い手市場になるかもしれません。
 買い手市場のときに転職するのは至難の業です。新卒の学生とも戦わなくてはなりません。

年齢的に不利になることもある

 24歳の転職と28歳の転職、企業も選ぶ立場です。企業が何を求めているかにもよりますが、即戦力ではなく、じっくり育てたい場合には若い人を選ぶでしょう。

根本的に仕事に向かない

 特に初めて仕事をする場合、自分に向いている仕事なんて分かりません。全くプログラミングなんて興味がないし理解もできない、そもそも向かないのにSEになってしまったという場合や、人と話すのが恐怖でしかないのに飛び込み営業がきつい、という場合です。
 もちろん、これらが身になる場合もありますが、元々の向き不向きからして「生理的に無理」のような状態の場合には、別業界に飛び込むというのも有りではないでしょうか。若いうちしかできないことです。

精神的に無理・体力的に無理

 ブラック企業でサービス残業100時間、会社が実現不可能な無理難題を押し付けて精神的に無理、という場合にも、転職は有りです。無理に今の会社で精神をすり減らす必要はありません。自分の命すら危ういです。

転職の実体験からして、3年勤める必要はなかった

 私は転職を数回繰り返していますが、実際、3年勤める必要なんてなかったです。
 お局様がいるような会社で陰口を叩かれても自分の成長になりませんし、精神衛生上良くなかったです。
 無能な上司のことえお上の人に訴えても何も変わらないようなところで働いてもムダでした。
 そこで学んだことは、「いろんな人がいるんだな」という程度です。人の醜い部分を見せられて「大人になってもこんなものか」と呆れることも多くなりました。
 派遣も1年~2年半で辞めたり切られたりしましたが、買い手市場でも転職はどうにかなりましたし、今、人間関係で恵まれている会社で勤続2年となり、当時は何を我慢して働いていたのだろう、と思えるようになりました。今後何かあったときのために資格取得の勉強もできるようになりました。
 もちろん、「辞めグセ」が付くのは良くないです。ですが、合わないところで精神を傷めつけてまで、若い3年を過ごすというのはもったいないことです。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 就業前にやっておくこと , , ,