【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

資格取得は就職に結びつくの?

   

画像元:

 

結びつくこともあれば、結びつかないこともある



 身も蓋もない答えですが、資格を取得することが就職に結びつくこともあれば、全く役立たないこともあります。

資格取得が就職に直結する場合

 資格を取得することで、就職に直結する場合は、「その資格がなければ、その仕事の就くことができない(業務独占資格)」という場合です。弁護士や医者免許がそれに当たります。
 保育士看護師などは慢性的な人材不足で、資格取得により就職にほぼ直結します。

資格取得が就職に結びつく場合

 業務独占資格によっては、人材不足である資格と、そうでない資格があります。地域によっては人不足で、即仕事につながる場合もあれば、せっかく資格を取得しても、就職できないことがあります。
 身近な資格で言えば、業務独占資格ではありませんが、タクシーや代行の運転手として働くための第二種運転免許、トラックの運転手の大型免許なども、資格がないと働くことができません。しかし、地域によっては人があふれている、ということもあります。
 また、ややニュアンスが異なりますが、独立開業ができる、とよく言われる司法書士や行政書士の資格も、地域によってはこれに当たります。

資格取得が就職に役立つ場合

 上記のような資格でなくとも、資格取得が就職に役立つことはあります。主に、新卒の場合です。
 新卒の場合、大学のランクももちろんありますが、資格は大きな武器になります。同じような学生がいた場合、資格はもちろん評価の対象です。
 だからと言って何の資格でもいいわけではありません。例えば、漢字検定などは大学入試の推薦には役立つかもしれませんが、新卒の場合はあくまで「おまけ」です。漢字検定しかない場合には、そんなに役立ちません。
 それよりは、希望する会社にもよりますが、簿記2級宅建FP技能士など、「やや難易度の高い資格」を1つでも取得し、これと一緒に「やや簡単な資格」を書きましょう。

資格取得よりも職歴が重視される場合

 有資格者の独占業(業務独占資格)や新卒以外は、だいたい職歴の方が重視されます。とはいえ、資格欄が真っ白という方よりは、資格の1つ2つあった方が評価はされます。資格を取得したからと言って、履歴書にただ書けばいいわけではありません。なぜこの資格を取ったのか、どんな資格なのか、この仕事でどう活かせるかは、頭の中で整理しておく必要があります。
 また、珍しい資格があったからと面接時の話題になったり、独占ではなくとも「簿記2級以上」という求人も山ほどあります。
「資格がないから就職できない」と心配されている方は、まずはアルバイトでも派遣でもいいので、職歴を作った方がいいでしょう。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 就業前にやっておくこと , , , , , , , , , , , , , , ,