【NO-NEET】脱ニートを目指す就職情報サイト

「ノーニート:脱ニート(就職)を目指し、仕事の選び方から面接の断り方までを貴方に」

自己都合退職と会社都合退職って何?

      2016/01/14

画像元:

 会社を退職するときには、「自己都合退職」と「会社都合退職」があります。

自己都合退職と会社都合退職の主な違い

 自己都合退職は、言葉の通り自分の都合で退職する場合です。転職するために辞める、会社に非がないのに退社するときなどがこれに当たります。
 会社都合退職は、会社の都合で退職させられる場合です。会社の倒産や自分に落ち度のない退職などがこれに当たります。

自己都合と会社都合では受給要件が違う

 失業保険って何?でも軽く紹介していますが、自己都合退職と会社都合退職では失業保険が受け取れる条件が異なります。
 簡単にいうと、自己都合の方がもらえるまでの期間が長く(振込までに約4ヶ月)、会社都合の方が早く(約1ヶ月)もらえます。

退職する前に確認を

 自分の意思で退職する場合はほとんど自己都合退職になるので問題ありません。また、会社の倒産なども会社都合退職になるので問題ないでしょう。
 問題は会社に落ち度がある(はず)なのに、自己都合退職となってしまっている場合です。派遣や契約社員の期間満了や、結婚や妊娠などでの遠回りの退職勧告などがこれに当たります。多くの場合、辞める前に「自分の意思で退職するんだよね?」と人事等から確認があり、自己都合にさせられるので注意が必要です。もし言えるのであれば「残っていても私の席はあるのでしょうか」と確認しましょう。

退職後に自己都合にさせられていたら

 退職前に確認するのがベストですが、郵送されてきた離職票が「自己都合」になっているというのは、(あってはならない話ですが)よくある話です。上記のようなケースの場合、人事への確認不足や、いざ人事の方を目の前にすると強く言えない、というのもあるでしょう。
 会社都合なのに自己都合になってしまっていた場合、ハローワークで相談しましょう。理由を説明すると、ハローワークが会社に確認を取ります。全部のケースで自己都合退社から会社都合に変更してくれるわけではありませんが、会社都合にしてくれることもあります。

自己都合だと思い込んでいたけれど、会社都合のことも

 ケースによってまちまちではありますが、自己都合で会社を辞めたと思っていても、会社都合の場合があります。
 例えば事務所の移転労働時間(過剰)などがそれに当たることもあります。失業保険をもらう場合には自己都合にしろ会社都合にしろ、ハローワークに出向かなければなりませんので、よく事情を説明しましょう。

就職・転職を考えているなら




 就職や転職ならリクナビNEXTがおすすめです。
 求人数も多く、限定求人もありますので、結果がついてくる確率が高いです。

 - 就業前にやっておくこと , , , , ,